gowly

ゆっくりと趣味に浸る。

ambieは面白いイヤホン

DSCF1463.jpg

ambieって?

耳に挟むイヤホンです。 耳に入れないので遮音性0であり、音楽をほのかに嗜むガジェットです。

ambie.co.jp

レビュー

さまざまなレビューサイトで書かれている通り、音質に関して気にする方はNGなイヤホンです。
特に低音はないようなものです。

いざ使ってみると、"ちょっと離れた場所においてあるスピーカーから音が漂ってくる"
そんな感じです。

最初、装着が難しく感じますが、数回でなれる程度です。
耳に挟むっといっても、本体の軽さもあり装着の違和感等はほぼ無く、快適です。
また、挟んでいる割に外そうとしない限り落ちたりもないです。

一応マイクが付いており通話可能ですが、かなり音量を上げないと相手の声が聞きにくいので、通話には不向きかと思います。

指向性スピーカーが内蔵しているように思えますが若干異なるようです。
そのためか、長時間利用していても耳が疲れずに快適です。

メリット

  • 耳が疲れない
  • 周囲の音がしっかり聞こえる

デメリット

  • 低音がない
  • イヤーピースに相当する部分が外れやすい
  • マイクいらない

改造

するとしたらです。

  • 音導管の変更
  • リケーブル対応

音導管部分をしっかりと耳に入れるとヘッドホンのような感じで聞くことができるので、この短い音導管を延長することで低音と音質を補うことは可能です。
延長もあるけれど、金属材質にするだけでだいぶ変わるかも?
リケーブルはMMCXあたりを試してみるのは面白いと思います。
こちら早くも買ってぶった切って試している方もいるようです。

まとめ

個人的には買ってみて当たりでした。
自宅では用途が薄いですが、会社などのちょっとした会話が飛び交う環境では抜群のパフォーマンスを発揮するイヤホンだと思います。